記事一覧

美濃の実力定番酒

首都圏などの都会においては、どうしてもその蔵の目玉商品や
一昔前までは、蔵人しか飲めなかった希少性の高い無濾過生原酒などが
注目されがちですが、各蔵元様においても、ほぼ地元でしか飲まれていない
地元酒の中にも隠れた逸材というのはまだまだございます。
そういった商品にも持ち味がしっかり活かされており、その蔵の様々な「顔」を
知ってもらう事で日本酒の魅力や楽しみをもっと深く知っていただきたい、
という願いをこめて企画した商品もございます。

今回ご紹介するのは、岐阜県岐阜市の無濾過生原酒シリーズ
「撫瓜」を醸す日本泉酒造さんの実力地元銘柄2アイテムのご紹介です。
ほぼ地元のみの流通の、地元で長年親しまれている商品ですが、
無濾過生原酒シリーズの撫瓜とはまた違った味わいながら、
しっかりと蔵の持ち味が活かされており、気兼ねなくじっくり楽しめる
魅力があります。



HIDEYOSHI  純米吟醸 一回火入れ

1,8L 2,500円
720ml 1,250円  (税抜き)

地元銘柄「豊臣秀吉」の純米吟醸 一度火入れタイプです。
地元では「強運の酒」として長年親しまれております。
刻和特注オリジナルラベルです。

コクがありながらも旨味は実にまろやか。温度が上がってくると
さらに味わいの幅が広がっていき、料理との相性が非常に良くなりますが、
後味はみずみずしく、飲み飽きしません。
どこかほっこり癒してくれるような安心感に満ちている味わいが
飲み手の心を掴みます。



帰蝶 特別本醸造

1,8L   2,100円
720ml 1,050円  (税抜き)

地元商品 「濃姫」 特別本醸造になります。
「帰蝶」とは美濃の戦国武将、斎藤道三の娘であり、織田信長の正室であった
「濃姫」の別名であります。こちらも刻和オリジナルラベルです。

穏やかで米のふくよかさの感じられる上立ち香。
軽快ながらも膨らみのある飲み口ですが、まろやかで柔和な米の旨味が
ふくよかに口の中で広がり,喉越しのキレも冴え渡ります。

飲みやすさの中にも、香味共に米のふくよかさをしっかり感じさせ、
食事と楽しむと自然に杯が進む食中酒。
ぬる燗だとさらに丸みを帯びた米の柔らかさが楽しめます。

派手さはなく落ち着いていても、じっくりと楽しめて後を引く芯の強さがある
実力地元2アイテム、お薦めです。





スポンサーサイト