記事一覧

新規取扱銘柄 栃木・「七水」「菊」「虹乃井」

この度、栃木県は宇都宮市の虎屋本店様と
新規お取引を開始いたしました。

宇都宮の市街地のど真ん中、
ここは昔より、「七水(しちすい)」と呼ばれる
七つの名水があり、豊かで上質な水の聖地として知られておりました。

創業は天明8年(1788年)。
約230年もの歴史の中で、関東の中でも特に豊かな水質に恵まれながら
長い間一貫して酒造りを営んでこられました。
代表銘柄は「菊」

それまでは越後杜氏の下、キリリとした綺麗な味わいの酒造りがメインでしたが、
転機が訪れたのが平成21年。地元出身である天満屋満氏が杜氏に就任してからでした。
南部杜氏の技術をベースとした天満屋氏が、地元主体の酒造りに切り替え、
平成23年には下野杜氏の資格を得られました。

以降、数々の研究を重ねながら、着実にその酒質を磨いてまいりました。
代表銘柄「菊」や、平成以降に新たに生み出されたブランド「七水」「虹乃井」は
上質な軟水の良さをふんだんに活かし、口当たりのみずみずしさと共に
米が持つ潜在的な旨味がたっぷりと感じられ、後味はすがすがしさに満ちております。
28BYの造りより、さらにきめ細やかさ、繊細さが絶妙に肉付けされ、
吟醸王国栃木酒の中において新たな注目株として存在感を示しております。

新たな挑戦に挑む下野杜氏、天満屋氏が醸す坂東下野の美酒、
どうぞご愛好の程、宜しくお願い致します。

さて入荷第一弾は

IMG_20170518_135830.jpg

七水 28BY純米吟醸生原酒 七水55 岡山県産雄町

1,8L 3,100円
720ml 1,600円
(価格は税抜きです)

虎屋本店3ブランドの一つ「七水」より
岡山県産雄町を100%使用、55%まで精米した純米吟醸の生原酒です。
七水シリーズの中では特に人気の高い商品であります。

香りはフレッシュでみずみずしいですが、
甘い果実のような香りもほんのりと絡み合います。
清楚でみずみずしい口当たりながら、ジューシーな甘味が
じんわりと、なんとも心地よく口中に広がりますが、
煌びやかな酸がキレを引き立て、口中を締めてくれ、すがすがしい後味を演出いたします。
この感覚は、これから暑くなってくる時期にも美味しく楽しめます。

きめ細やかさも兼ね備えた、何杯でも飲めてしまうジューシー甘口タイプです。


IMG_20170518_135700.jpg

菊 28BY Special Edition 山廃 雄町

1,8L 3,100円
720ml 1,600円
(価格は税抜きです)

虎屋本店3ブランドの一つ「菊」より特別限定バージョン、
「Special Edition 」シリーズより、
岡山県産雄町55%精米による山廃造りによる純米酒になります。

爽やかでミネラル感のある上立ち香が漂います。
口当たりは穏やかで山廃造りながらボディは比較的柔らかく、
繊細な旨味と酸がじわりと広がります。
実にきめ細やかな味わいの山廃ですが
飲むごとに次第に山廃ならではの膨らみとボリューム感が広がってまいります。
冷酒の状態で白身魚の刺身やあっさりした揚げ物、鶏肉料理などに良く合います。

温度が上がるとその持ち味がより発揮され、フレンチやクリーミーな料理に合います。
また、45℃前後のお燗もお薦めです。


IMG_20170518_135923.jpg

菊 28BY Special Edition プレミアム雄町

720mlのみ 1,600円
(価格は税抜きです)

虎屋本店3ブランドの一つ「菊」より特別限定バージョン、
「Special Edition 」シリーズより、
岡山県産雄町55%精米で、
米麹を通常の2,5倍使用した特殊商品
「Special Edition プレミアム雄町」になります。

口に含めば、ほんのりとかすかなガス感に加え
まるでシードルの様な甘酸っぱさと、
高級白ワインのような上質な酸がグンと染み渡りますが
濃厚ながら非常にキレも良く、上品な後味を演出します。
肉料理には勿論の事、濃厚な洋食料理、
やや温度が上がった状態で、スパイシーなエスニック系料理にも合います。

高級な甘口の白ワインのような味わいが楽しめるのは勿論、
暑くなる、蒸す時期においての〆のデザートワイン感覚としても楽しめます。


IMG_20170518_135731.jpg

虹乃井 28BY純米無濾過生原酒 栃木県産ひとごこち60%

1,8L   2,500円
720ml 1,500円
(価格は税抜きです)

虎屋本店3ブランドの一つ「虹乃井」より
栃木県産ひとごこちで醸された純米無濾過生原酒です。
「虹乃井」とは、虎屋本店の創業当初からの井戸の名前に
ちなんで命名されたそうです。

香りはフレッシュながらも比較的穏やかです。
口に含めば、ほのかに香ばしい穀物系の香りが
心地よく舞い上がりますが、全体的にみずみずしい口当たりです。
やや辛口タイプで、キリッとした辛味と共に、柔らかくもまろやかでまったりとした
コクのある旨味が広がりますが、さっぱりした後味が特徴です。
料理を選ばず気兼ねなく楽しめる自慢の定番酒型純米酒です。

冷酒から常温になるとより膨らみが増し、
ぬる燗につけると柔らかさとクリーミーさが楽しめます。




スポンサーサイト