記事一覧

当店新規取扱商品その2 茨城・上丸-KAMIMARU-

清流「久慈川」の麓、息を吞む程の美しき自然に囲まれた田園地帯が広がる
茨城県常陸大宮市山方。

「奥久慈」と呼ばれるこの地は、自然の理にかなった優れた風土を有しており、
昔より大変良質な農作物が育つ地でありました。
(現在では茨城県産酒造好適米「ひたち錦」の数少ない産地でもあります)

この豊かな自然の恵みを最大限に活かしながら、
1603年(慶長八年)の創業以来、400年余りに渡り一貫して酒造りに
打ち込んでこられた根本酒造株式会社。
地元銘柄「久慈の山」は、美しき奥久慈の地を象徴するかの如く、
優しく清らかで、懐の深い銘酒として長年に渡り地元で愛され続けてきました。
生産量のほぼ全てが、地元消費。

しかし、この先も現状のままで良いのだろうか・・・
蔵としての方向性に悩んでいる時に訪れた

-2011年3月11日、東北、関東を襲ったあの東日本大震災-

震災により蔵が大変な被害を被り、屋根瓦を修理していた時に
目に飛び込んできたのは、瓦に刻まれた一つの文字

「上丸」

それは、まだ現在の社名に変わるまでの、旧屋号でした。
かつては、上丸酒造と名乗っておられました。

この「上丸」の文字を見た時に、蔵元は一筋の光明を見出されたそうです。

震災からの希望の光、新たな出発点として、そして美しき地元が生み出せる
唯一無二の味わいで、日本酒業界に新たな息吹を吹き込めるよう願いを込めて
生み出された新しきブランド

 「上丸-KAMIMARU-]

様々な試行錯誤、紆余曲折を経て、研鑽を重ねながら着実にその酒質を
磨いてこられました。
近年、その酒質向上には目を見張るものがあり、茨城の地酒の中においても
メキメキと頭角を表してまいりました。

私が初めてこのお酒に出会ったのは約1年半程前。
まだやや線の細さが感じられつつも、何か見えないようなエネルギーが
感じられるのがわかりました。
そして現在に至り、再び飲める機会があったのですが(28BY)
各段に美味しくなっているのに驚きました。

大変有難い事に、この度お取引させていただける事となりました。

地元で育てた原料米・地元の水・地元にとことんこだわり抜き、
ほんのごく僅かな仕込みによって造られるこの美酒は、
上品で優しく、美しさに加え、豊かな自然の大地の様な
力強く包容力のある味わいに満ち溢れ、
その美味さは飲む者を魅了していきます。

今後も益々の進化が期待される茨城・常陸の新進気鋭の超逸材、
「上丸-KAMIMARU-」 新規取り扱い開始です!
ゆっくり、少しずつですが、大切にお取り扱いしていきたいと思います。
どうぞご愛好の程、宜しくお願い致します。


DSC_0049 (2)

上丸 28BY純米吟醸55 茨城県産ひたち錦100% 55%精米

1,8L 2,550円
720ml 1,275円 (価格は税抜きです)

ごく僅かな仕込み量によって醸される
数少ない上丸ブランドの主力商品
地元産ひたち錦を100%使用し、55%まで精米した純米吟醸酒の入荷です。
28BYもタンク2本のみの少量仕込み。

アルコール度数15度台の原酒タイプ、二度火入れになります。

最も真価の発揮されるお薦めの温度帯は、常温に近い状態です。
上品で優しい吟醸香と柔らかく膨らみのある米の香りが絡み合います。
口に含むと、果実の様なジューシーな甘味がほのかに舞い上がり、その直後に
丸みのある、まろやかでほっくりとした米の旨味が優しくまったりと口中に伸びていき、
しなやかに切れていきます。

吟醸ならではの香味と、ほのかに香ばしい米感漂う香味の相乗バランスが素晴らしく、
この感覚が非常に良いアクセントとなり、このお酒の世界に深く引き込まれます。
冷酒でやや引き締まった香味が良いスマートさを演出し、ほんのりと湧き踊る
煌びやかな酸が真鯛や平目などの刺身や、枝豆やお浸しなどのあっさりした味付けの料理、
サラダ、レモン汁を絞った魚介系の揚げ物などに合わせやすく、
やや温度が上がってくるとこのお酒本来の持ち味が開花され、白身魚の煮付け、
水炊き、煮物系、などに良く合います。

また、55℃程のお燗につけ、燗冷ましさせると、落ち着きながらもしなやかな米の香りが
ふわりと広がり、冷酒・常温の時には見られなかったミルキーさが開花されます。
燗酒も実にお薦めです。

このクオリティーでこの価格帯・・・
コストパフォーマンスも実に優れております。




スポンサーサイト