記事一覧

当店限定ブランド 「美巌~BIGAN~」 奈良・大倉本家

奈良県・大倉本家の当店限定ブランド・美巌~BIGAN~おかげさまで好評をいただいております!山廃造りが主流で、力強くパワフルな酒質が自慢の「大倉」商品にある種の上品さと艶やかさを追及して試みた、他では味わえない特別受注品。美巌のコンセプトは、「袋吊り雫酒」。美巌の「巌」は、奈良の剣豪「柳生一族」で代々命名されている通字「巌(よし)」から拝借しました。時代に名を馳せた剣豪のような「力強さ」と、果てしなき...

続きを読む

28BY撫瓜の持ち味

好評発売中の撫瓜シリーズは、10月に搾った28BY新酒の仕込み第2号。撫瓜ならではのフレッシュさは勿論の事、この時期の撫瓜としてはしっかりと旨味が引き出されており、味わいの総合的なバランス感覚も見事で、料理との相乗効果を遺憾なく発揮し、最後まで寄り添ってくれます。これから厳寒期に向けて仕込まれるお酒が益々楽しみな出来栄えといえます。一気に舞い上がるのではなく、落ち着きはらいながらふわっと広がるこのフレッ...

続きを読む

鏡山 新酒到着!

埼玉・川越の銘酒・鏡山から28BY新酒第1弾が本日到着いたしました!「特に生酒などは今まで香味のインパクト面などの突出した個性が際立った部分が大きかったですが、今季は鏡山の芳醇な個性をしっかり保ちつつ、更なるバランス面の向上を重点的に置きました」蔵元営業部長の五十嵐さんはそう強く語りました。更なるステップアップの為には、突出した香味のインパクト面をきちんと保ちながらさらに上手く整える、もっとバラン...

続きを読む

美濃の実力定番酒

首都圏などの都会においては、どうしてもその蔵の目玉商品や一昔前までは、蔵人しか飲めなかった希少性の高い無濾過生原酒などが注目されがちですが、各蔵元様においても、ほぼ地元でしか飲まれていない地元酒の中にも隠れた逸材というのはまだまだございます。そういった商品にも持ち味がしっかり活かされており、その蔵の様々な「顔」を知ってもらう事で日本酒の魅力や楽しみをもっと深く知っていただきたい、という願いをこめて...

続きを読む

古き良き越後の美酒・舞鶴鼓

こちらのお酒との出会いは3年前になります。とある事がきっかけで味わう機会がありました。しっかりと完全発酵されており、じっくりと米の旨味が余すところなく引き出されたその味わいは、ふくよかな旨味たっぷりながらもマイルドテイストで濃醇ながらもどこかほっこりしている印象でした。今まで新潟の昔ながらのお酒は何度も飲んだ事がありましたが、これが元祖新潟の地酒か!と改めて痛感した次第でした。あれから3年経ち… そ...

続きを読む

信州亀齢2アイテム

長野県上田市の隠れた銘酒「信州亀齢」知る人ぞ知る現在要注目の銘柄。歴史ある信州上田にて古くから酒造りを営んでこられましたが、ここ数年で飛躍的に酒質が向上。かねてから課題であったウイークポイントを近年で次々に克服し華やかで上品な香りに対極する雑味のない上質な旨味の見事なバランスの兼ね合いを体現。今回入荷の2アイテムは27BYの中でも残り最後の商品。たっぷり脂の乗りきった極上の逸品であります。(価格は税抜...

続きを読む

和田龍登水2アイテム

その酒質には非常に目を見張るものがありました。和田龍登水ブランドが誕生して随分と月日が経ちますが年々その完成度が高くなっております。新酒の透明感溢れる煌びやかな味わいから、夏を越え、清らかさをしっかり保ちつつ柔らかく円やかな円熟味へ。年間の長いスパンの中で、その時期その時期での「顔」をしっかりと魅了しつつ、しっかりとバランス良く旨味のポテンシャルが引き出されていきます。抜群の飲み頃状態であります。...

続きを読む

鏡山が美味い!

埼玉は小江戸川越の銘酒「鏡山」実力アイテムが揃っております。(価格は全て税抜きです)生モト純米 無垢 生酒 1,8L 3,300円鏡山の超限定商品。純米生モト造りバージョン。通常夏頃出荷される商品ですが、特別にほんの数量をこの時期まで寝かせていただき、OPENに伴い満を持しての入荷となりました。爽快さの際立った夏場の頃より、生モトならではのボディの厚みとボリューム感も増しておりますが、キレも良く、重たさを感じ...

続きを読む

お燗酒について

これから寒くなるにつれて、いよいよ燗酒が本格的に美味しくなる季節がやってまいります。ここで、燗酒について書かせていただきます。少し長くなりますが、読んでいただけたら幸いです。◎そもそも燗酒とは… 日本酒には、乳酸、コハク酸などの 「温めると美味しくなる」成分が豊富に...

続きを読む

若駒 6アイテム

当店取り扱い商品のご紹介です。随時ご紹介していきます。まずはこちら…下野の国、栃木県小山市の銘酒、「若駒」今や全国区でも人気を博しています。酒造責任者の柏瀬幸裕氏は、奈良の油長酒造さんにて修行されていただけの事はあって、口いっぱいに広がる芳醇な味わいながらも食中酒重視の関西酒ならではの複雑さと繊細さをバランス良く兼ね備えた、関東エリアの中でも独特な酒質が魅力的です。それが根強い人気の一つなのかもし...

続きを読む